日常ネタ

ひのとりとアーバンライナーを比較してみた!どっちの方がお得?

2020年3月14日に大阪難波駅と近鉄名古屋駅間を結ぶ特急『ひのとり』の運行が開始されましたね!

現行は『アーバンライナー』が大阪難波駅と近鉄名古屋駅を走っていますが、今後は両方を運行していくことになるとのこと。

今回は、『ひのとり』と『アーバンライナー』を料金や乗車時間等について比較してみました!

特急ひのとりが運行開始!

2020年3月14日に特急『ひのとり』がついに運行開始されました!

移動時間を最上のくつろぎの時間へと変え、今までのくつろぎをよりアップグレードした特急電車が『ひのとり』。

『ひのとり』のネーミングについては以下になります。

「ひのとり」という名称は、先進的でスピード感ある車体フォルム、深い艶感のあるメタリックレッドといった外観デザインに加え、ゆったりとした空間や上質なサービスを提供する気品ある車両のイメージを、翼を大きく広げて飛翔する「ひのとり」に重ね合わせて命名しました。

引用:HINOTORI公式サイト

『ひのとり』は大阪難波駅から近鉄名古屋駅の区間を運行されているので、大阪から名古屋に行かれる方やまたその逆の方は、今後利用する機会が増えそうですね!

『ひのとり』の主な特徴は以下になります。

  • プレミアム車両とレギュラー車両がある
  • カフェスペースやベンチスペースがある
  • 多数のロッカーが存在
  • Wi-Fiの利用が可能
  • 全車に空気洗浄機を設置
  • 紫外線、赤外線を防止する大型窓
  • 客室、デッキ、荷物置き場に防犯カメラを設置

最上のくつろぎをイメージされているだけあり、プレミアム車両の座席の前後間隔は130cmと広く、快適な空間を作り出されています。

スポンサーリンク

アーバンライナーとひのとりを比較!どっちがお得?

近鉄特急『アーバンライナー』も大阪難波駅から近鉄名古屋駅まで運行している為、どっちに乗車するか迷われる方もいるのではないでしょうか。

特急『ひのとり』と近鉄特急『アーバンライナー』の比較をしてみました!

ひのとりとアーバンライナーの料金は?

近鉄特急『アーバンライナー』や特急『ひのとり』を利用する際、普通運賃と特急料金はどちらも共通した金額がかかります。

近鉄特急『アーバンライナー』のレギュラー車両を利用する際は、上記の料金だけで大丈夫ですが、近鉄特急『アーバンライナー』のデラックス車両や特急『ひのとり』を利用する際は、別途追加料金が必要になります。

以下が近鉄特急『アーバンライナー』と特急『ひのとり』を利用する際に必要な金額になります。

■近鉄特急『アーバンライナー』

  • 普通運賃:2,410円
  • 特急料金:1,930円
  • デラックス料金:520円

■特急『ひのとり』

  • 普通運賃:2,410円
  • 特急料金:1,930円
  • ひのとりレギュラー料金:200円
  • ひのとりデラックス料金:900円

※大阪難波駅から近鉄名古屋駅間の料金(大人)

特急『ひのとり』は近鉄特急『アーバンライナー』に比べて、プラス200円が必要みたいですね!

デラックス車両を利用されることを前提とする場合は、プラス380円出すことで、近鉄特急『アーバンライナー』よりも快適な空間である特急『ひのとり』を利用できます。

大阪難波駅から近鉄名古屋駅までの運行時間は2時間7分程。

料金は近鉄特急『アーバンライナー』の方がお得ですが、運行時間をよりゆったりくつろぎたい方にとっては、プラス数百円を出すだけの価値があるのではないでしょうか。

近鉄特急『アーバンライナー』や特急『ひのとり』のインターネット予約はこちら

近鉄特急『ひのとり』に対するネットの反応

まとめ

2020年3月14日に特急『ひのとり』が運行を開始されました!

大阪難波駅から近鉄名古屋駅までを結び、近鉄特急『アーバンライナー』よりも料金は少し高くはなっていますが、ネットでは満足されている方が多い印象があります。

特急『ひのとり』のレギュラー車両よりもプラス700円出して、プレミアム車両に乗りたい人が多いとも言われています。

より快適な移動時間を味わいのであれば、ぜひ特急『ひのとり』に乗車してみてはいかがでしょうか。