テレビ

教場は佐藤浩市主演の方がしっくりくる?!世間の反応を調査!

フジテレビ開局60周年特別企画で『教場』のドラマ版が1月4日(土)と5日(日)に放送されます!

長岡弘樹さんの教場シリーズが原作になっており、今回のドラマ化は木村拓哉さんが主演ということもあり話題になっています。

しかし、一部ではドラマ教場の主演は佐藤浩市さんの方がしっくりくるという意見も!

今回放送されるドラマの教場では、佐藤浩市さんは出演されませんが、一体なぜ木村拓哉さんよりも佐藤浩市さんの方がしっくりくる派の人が居てるのでしょうか。

世間の反応について調査しましたので、お伝えします!

木村拓哉主演のSPドラマ『教場』について


ドラマ教場は木村拓哉さんが主演となっており、役としては警察学校の教官役とのこと。

教場のあらすじ

教場の主な内容は以下になります。

ここで生き残った者だけが、警察官になれる。
警察学校という密室…そこで、何が起きたのか。必死のサバイバルが始まる―

“教場”と呼ばれる警察学校の教室。
冷酷無比な教官・風間公親(かざま・きみちか/木村拓哉)が務める初任科第198期短期課程の教場では、生徒たちが日々、早朝6時起床から激しいトレーニングにさらされている。何より厳しいのがルール厳守。その行動は、常に監視体制に置かれ、誰かのミスは連帯で責任を負う。携帯電話も没収され、外出するためには許可が必要。そんな辛苦ともいえる究極の試練が待ち受ける警察学校には、様々な背景を持つ生徒たちが様々な動機で集まってきている。

また、警察学校という閉塞(へいそく)した極限状態で生徒たちが抱える葛藤も様々。「警察学校とは適性のない人間をふるい落とす場である」と考える教官・風間は、生徒がトラブルを抱えた途端、退校届を突きつける非情な男だ。また、いつも生徒たちに突然理解しがたい指令だけを告げて、その場を立ち去ってしまう。次々とふるいにかけられる“教場”という名のサバイバルゲームを生き抜くため、生徒たちの秘密と思惑が渦巻き、いろいろな事件が巻き起こっていく…。

“風間教場”のクラスメートは30人。果たして最後までふるい落とされずに生き残り、何人の生徒が卒業証書を手にすることができるのか?さらに風間は、生徒たちが起こす事件の複雑に絡み合った真相を解決していくことはできるのか?そして、生徒たちに非常識ともいえる謎の試練を与え続ける風間の真の狙いとは?

引用:フジテレビ公式サイト

 

木村拓哉さんは冷酷無比の教官役となっており、その木村拓哉さん演じる風間公親の元で警察官になろうとする生徒役達が数々の試練を乗り越えていく物語ですね!

なぜ、風間公親が生徒達に厳しい試練を与えるのかは謎となっております。

風間公親が警察官になった過去が関係でもしているのでしょうか。

また、生徒達役である誰が警察官になれるのかもみどころですね!

キャスト:生徒役

ドラマ教場の生徒役を演じる方々は以下になります。

■メインキャスト:生徒役

  • 工藤阿須加 役:宮坂 定(みやさか・さだむ)
  • 川口春奈 役:菱沼羽津希(ひしぬま・はづき)
  • 林 遣都 役:平田和道(ひらた・かずみち)
  • 葵 わかな 役:岸川沙織(きしかわ・さおり)
  • 井之脇 海 役:南原哲久(なんばら・てつひさ)
  • 西畑大吾 役:樫村卓実(かしむら・たくみ)
  • 富田望生 役:枝元祐奈(えだもと・ゆな)
  • 味方良介 役:都築耀太(つづき・ようた)
  • 村井良大 役:石山広平(いしやま・こうへい)
  • 三浦翔平 役:日下部准 (くさかべ・じゅん)
  • 大島優子 役:楠本しのぶ (くすもと・しのぶ)
スポンサーリンク

教場の主演は佐藤浩市の方がしっくりくる?

教場の内容はご紹介させて頂きましたが、主演役である警察学校の教官役が佐藤浩市さんの方がしっくりくるという意見の方が多数おられました!

そんな教場の主演に対する世間の反応はこちら。

教場の主演は佐藤浩市のイメージが強い理由は?

一部の世間の方々の間では、教場の主演は佐藤浩市さんの方がしっくりきて、警察教官という役柄のイメージが強いみたいですね!

佐藤浩市さんのイメージが強い理由としては、過去に出演した番組『陽はまた昇る』が関係しているそうです。

ドラマ『陽はまた昇る』について

『陽はまた昇る』は2011年に放送されたドラマ『最後の晩餐〜刑事・遠野一行と七人の容疑者〜』の続編として放送されたドラマです。

『陽はまた昇る』が放送されたのは、2011年7月21日から9月15日の間。

だいぶ前に放送されたドラマ『陽はまた昇る』の主演が佐藤浩市さんで、役柄が警察学校の教官とのこと。

原作は異なるのでドラマの内容は違いますが、これから放送されるドラマ『教場』の主演役と全く一緒ですね!

佐藤浩市さんは『陽はまた昇る』で演じた警察学校の教官のイメージが強いようで、教場でも佐藤浩市さんを望む声があり、主演は佐藤浩市さんの方がしっくりくると言うわけです。

まとめ

1月4日(土)と5日(日)に木村拓哉さんが主演を務めるSPドラマ『教場』が放送されますが、一部の世間の方々は佐藤浩市さんの方がしっくりくるという反応がありましたので、それについて調べてみました。

佐藤浩市さんが過去に主演を務めたドラマ『陽はまた昇る』が関係しており、『陽はまた昇る』の主演役もまた警察学校の教官とのことでしたね!

今回は木村拓哉さんが演じられますが、ドラマ『教場』は話題になっていますので、ぜひチェックしてみてください!

 

https://aomame.jp/kyouzyou-mikata-ryousuke