日常ネタ

レディボーデンとハーゲンダッツを比較!どっちが好み?

2020年1月6日にボーデン社が倒産宣告をしたことが発表されました。

ボーデン社と言えば、レディボーデンが有名ですよね!

ボーデン社は倒産してしまうとのことですが、レディボーデンはロッテが製造販売している為、これからも日本で味わえるとのこと。

レディボーデンとよく比較されるのは、もちろんハーゲンダッツですよね。

両方とも美味しく、味によって好みが別れることも。

そんなレディボーデンやハーゲンダッツの値段やカロリーなどから諸々比較してみたいと思います。

レディボーデン vs. ハーゲンダッツ

レディーボーデンとハーゲンダッツは他のアイスに比べ、比較的高級アイスの部類に分類され、よく好みが別れたりしますよね!

値段やカロリーなどで比較したいと思います。

レディーボーデンについて

コンデンスミルクを発明した、ゲイル・ボーデン氏がボーデン社を設立し、レディーボーデンはそのボーデン社と明治乳業との共同開発商品として生まれました。

1971年より日本で製造・販売され、1994年にはロッテにて製造されることに。

レディボーデンは2020年になった今でも愛されているアイスですね。

レディボーデンバニラの基本的な情報は以下になります。

■商品名:レディボーデン ミニカップ バニラ

■内容量:120mL

■価格:160円(税別)

■原材料

  • 乳製品、砂糖、水あめ/乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、香料、着色料(野菜色素、カロチン、アナトー)

■栄養成分表示

  • エネルギー:182kcal
  • たんぱく質:2.8g
  • 脂質:11.3g
  • 炭水化物:17.4g
  • 食塩相当量:0.084g

ハーゲンダッツについて

ハーゲンダッツは1961年にニューヨークで生まれ、創始者はルーベンマタスさん。

ルーベンマタスさんの『究極のアイスクリームを作りたい』という熱意と信念がハーゲンダッツブランドの原動力となっています。

ハーゲンダッツは素材をこだわっており、特にミルクや砂糖、卵は厳選して作っているそうです。

ミルクは北海道の浜中町から調達しているとのこと!

そんなハーゲンダッツバニラの情報は以下になります。

■商品名:ハーゲンダッツ バニラ

■内容量:110mL

■価格:295円(税別)

■原材料

  • クリーム(北海道(生乳))、脱脂濃縮乳、砂糖、卵黄/バニラ香料、(一部に乳成分・卵を含む)

■栄養成分表示

  • エネルギー:244kcal
  • たんぱく質:4.6g
  • 脂質:16.3g
  • 炭水化物:19.9g
  • 食塩相当量:0.1g

ハーゲンダッツはレディボーデンに比べ、内容量が少ないのにも関わらず値段が高いですね!

その差は130円程。

また、ハーゲンダッツはクリームを使用していることからか、カロリーも244kcalとレディボーデンより高めですね。

しかし、味は濃厚でありハーゲンダッツバニラが好きな人が多くいます。

レディーボーデンはコンビニに置いていることはなく、スーパーに行かないと手に入らないので少し面倒との声もありそう。

スポンサーリンク

レディボーデンとハーゲンダッツ対する世間の声

まとめ

レディボーデンの会社であるボーデン社が倒産宣告をされましたが、日本ではロッテがレディボーデンを製造・販売している為これからもレディボーデンを楽しめるとのこと!

内容量やカロリー、価格などでレディーボーデンとハーゲンダッツを比較して見ましたが、ハーゲンダッツの方が内容量のわりに割高で、大人を対象に販売されている感じがします。

ハーゲンダッツはコンビニで手軽に手に入りますが、世間ではレディボーデンの方が好きな人も結構いましたね!

みなさんの好みはいったいどちら?