ミュージシャン・歌手

北島三郎の女性弟子は二人いる?!弟子入りした経緯とは一体?

北島三郎さんの弟子と言えば、大江裕さんが有名で弟子は男性のイメージがあったのですが、女性弟子も二人いるそうなんです。

そのお二人とは、原田悠里(はらだ ゆり)さんと山口ひろみさんです♪

今回は、北島三郎さんの女性弟子のお二人についてお伝えしていきます!

原田悠里はどんな人?

 

原田悠里さんのプロフィールになります。

本名:原田よしみ

生年月日:1954年12月23日

年齢:64歳(2019年12月現在)

出身地:熊本県本渡市

血液型:A型

原田悠里さんは鹿児島大学教育学部音楽科を卒業し、一旦は音楽教師を目指されましたが、たまたま出会った北島三郎さんの舞台に感銘を受け、歌手への道に進むことにされたようです。

それからというもの、北島三郎さんに弟子入りするため、シャンソンや美空ひばりさんの歌を吹き込んだデモテープを送っていたとのこと。

それを聴いた北島三郎さんは原田悠里さんの才能に気がつき、弟子入りを許可したそうです。

原田悠里さんは演歌だけでなく、オペラまでも歌える歌唱力を持っているので弟子入りできたのも不思議ではないですね。

1982年6月に『俺に咲いた花』でデビューし、第15回日本有線大賞・新人奨励賞を受賞。

さらに、『木曽路の女』は第19回全日本有線放送大賞・特別賞を受賞し、100万枚も売れて大ヒット曲となっています!

その曲がこちら。

この曲を聴くと、木曽路の情景が浮かんできますね♪

信州を旅したくなります!

1999年には、紅白歌合戦に初出場し、そこから2000年、2001年と3年連続で紅白歌合戦に出場しています。

スポンサーリンク

山口ひろみはどんな人?

 

山口ひろみさんのプロフィールになります。

本名:山口孝美

生年月日:1975年6月2日

年齢:44歳(2019年12月現在)

出身地:大阪市

血液型:A型

山口ひろみさんは母親が女で一つで苦労したこともあり、大学を卒業したあとは働いて良い人結婚して欲しかったらしく、山口ひろみさん自身も歌手になるつもりはなかったとのこと。

しかし、大学に入りその気持ちは変わったそう。

立命館大学に入学し、周りのみんながあらゆるジャンルの夢を追いかけていたので、その中で山口ひろみさん自身は歌が好きなことを再認識されたそうです。

それから大学2年生の時にカラオケ大会で知り合った人が北島三郎さんと顔見知りらしく、北島三郎さんのことが好きならということで、現・梅田芸術劇場の北島三郎さんの楽屋まで連れて行ってくださったとのこと。

その時に北島三郎さんに弟子入りをお願いするも断られたが、別の機会に知り合った奥さんを通して北島三郎さんから『大学を卒業したら、東京へ出てきなさい』と言われ、北島三郎さんの弟子入りをすることが出来たそうです。

縁が大切なんだなと思わされるエピソードですね!

2002年に『いぶし銀』でデビュー。

それがこちら。

まとめ

今回は、北島三郎さんの女性弟子のお二人についてお伝えしていきました!

原田悠里さんはなんとしても北島三郎さんの弟子になりたい気持ちが伝わってくるエピソードでした。

また、歌唱力も凄いので歌に引き込まれてしまいますね!

山口ひろみさんは初めは歌手になるつもりはなかったのに、結局北島三郎さんの弟子入りを果たしたということで、人生はどうなるかわかりませんね。

原田悠里さんと山口ひろみさんのご活躍にさらに期待しましょう♪

 

北島三郎の家はどこにあるの?家の場所や大きさを調査演歌界の大御所と言えば、北島三郎さんですね! もはや、北島三郎さんを知らない日本人はいないんじゃないでしょうか。 少し古いで...